キラキラと輝くもの

音楽をやっています。お手柔らかに…

‪もし小学生の頃に一瞬でも戻れたら、テストの回答でも競馬の結果でも震災のようすでもなんでもなく、それでもあなたは大丈夫、と一言だけかけて抱きしめてあげたい‬

 

 

私はマクドナルドが大好きだった

 

 

 

マックに行ける、っていうのは

多分みなさんが東京ディズニーランド

いけますよ、といわれるくらいの催しであり

 

当時の私にとってはマクドナルドさえも

身近なものではなかった。

車で時間もかかるしね。田舎だったし。

 

 

バレーボール漬けの小学生活を終え

バレーボールと反抗期の中学生活を終え

 

市街に近い高校に合格した私は

学校が終わって、街のマクドナルドに通い詰めた

 

マックはとても美味しかったし

私にとって特別な味だった。

 

でもなんとかバーガーとかなんとかマック

みたいな何かが付随したものは注文せず

 

いつも普通のハンバーガ

 

 

それしか食べたことがなかったし

それが私は大好きでした。

 

 

 

バンドとバイトに明け暮れた高校生活を終え

夢の東京。

 

最寄駅にはマクドナルド。

 

 

めちゃくちゃ食べた。

事あるごとに食べた。

 

 

学生とはいえ、夜間部だったので準社員

働いていたからお金はそれなりにあったので

好きな時にいつでもマックを食べれるようになった

 

 

 

マックが特別じゃなくなり、

 

今じゃもちろん友人に

 

 

「昨日マックを食べたよ!」と

意気揚々に語るなんて当たり前になくなってしまった。

 

 

大人になるってこんな事なのかな

 

 

子供の頃は好きな食べ物を聞かれたら

マックとねるねるねるね。と答えてた

 

 

 

こうやってつまんない人間になってしまう

経験は私を成長させたり、

私の大切なものを壊したりする。

 

毎日が楽しく、怖いこともおおい。

それが人生なんだと割り切ってしまえば

多分そこで私はぜんぶおわり!

 

 

‪もし小学生の頃に一瞬でも戻れたら、テストの回答でも競馬の結果でも震災のようすでもなんでもなく、それでもあなたは大丈夫、と一言だけかけて抱きしめてあげたい‬