キラキラと輝くもの

音楽をやっています。お手柔らかに…

バディサウンドワークス、捕まれ

 

簡単にいうと 

 

バディサウンドワークスという楽器屋が

修理にだされていた楽器屋等を持ち逃げした

 

という事件が起こりました。

 

 

 

1本80万するベースを持った20年来の友人である男性が、「BUMPのチャマのオリジナルベースを作るためのヒントとしてベースを貸して欲しい」

と言われて貸したが返ってこず、

催促続きで それでも返ってこず、

 

店に訪れたらもぬけの殻。

 

憤慨し一連の流れをネットに書いたところ

被害者は自分だけではなかった。

 

ということだそうです。

 

 

 

ミュージシャンにとって楽器って

どんなものかわかっているはずの

元ESP社員で自分で楽器屋作るような男が

こんなことするなんて何事でしょうね。

 

 

私にとっては今メインで使っている

赤いテレキャスも、中古で買ったもので

ぶつけまくってボコボコ

落としまくってボコボコ

殴り殴られボコボコですが

 

打っても殴っても

 

大事な大事なギターです。

 

 

20万もしなかったけど

一生懸命はたらいて、

ご飯を我慢して、遊ぶの我慢して

お金を貯めて貯めて学生の頃買った

大切な大切なギターで

 

良いライブも、

もう今すぐライブおわれ!!!!!!

って思うような悔しいライブでも

いっしょに乗り越えてきた相棒です

 

 

 

実家にある、高校の時、初めて買った偽物レスポールなんて

 

初めて楽器屋で見てから ビビッときて

ようもないのにチャリで1時間かかるイオンの楽器屋にいって

毎日 欲しいなって眺め続けて

 

やっと手に入ってからもずーっと眺めて、

弾いて、

 

初めてライブをしたときも

バンドで生きていきたいなって思ったときも

文化祭も

ライブハウスでも

ジャンプしてストラップはずれて

ボディーの一部が割れても

一緒に頑張ってきた大切な相棒で

 

「二万円のレスポールもどき」

 

なんかじゃなくて、

 

100万のヴィンテージのレスポールスタンダードと交換してあげるよ

 

って言われても交換しないし

 

私が死んだら一緒に燃やしてほしいぐらい

大好きな大切なギターです。

 

 

その2本だけじゃなく

小6の頃初めて買ってもらったヤイリのアコギ

高校の時、ヤイリが折れて泣きながら楽器屋に行って、次は絶対大事にしようって島村楽器で買った黒のアコギも

 

上京祝いに路上ライブするぞ!って自分へのプレゼントで買ったエレアコ

DTMやってみようって同年 買ったRorandのMIDI

出先でも作曲できるように買ったirigの鍵盤、

作曲の幅を広げたいと思って買ったMicro KORG

 

 

山本だって そういう気持ちで今まで

沢山の楽器と関わってきたとおもいます

 

それを急に奪われたらどう思うか。

 

馬鹿野郎早く掴まれ!!!

 

お前は窃盗じゃなく誘拐してるんだぞ

 

 

ミュージシャンとして本当に残念です

 

 

 

 

せめてこのひとが一生、

大好きであろう音楽や楽器に触れられませんように

「やりたいことが見つからない」って

 

私は小さい頃からモーニング娘。に憧れていた。

 

辻ちゃん加護ちゃんのように世代問わず人々を

「熱狂させることができる人」に

なりたかった。

そしてそれはわたしにとって人前に立ち歌うことであった。

 

 

そしてもう一つの夢が今でもなんだかんだ

未練タラタラの漫画家になるという夢。

 

 

わたしが初めてもらった賞は道の駅コンクール。

 

次にもらった賞は宇宙の絵コンクール。 

 

 

大っ嫌いだった小学生の頃の担任にいわれた

 

「絵だけは上手い」、

 

名前を書いて燃やすほど嫌いだった女から

言われた、「ねえなんか、イラスト描いてよ」

 

 

 

わたしにとって、自分が他の誰かと

秀でている部分はわたしにとって100%の

存在意義だった。

 

 

だからわたしは漫画家になりたかったわけだし

 

 

毎年 年に一回の歌合戦に出て褒められては

歌手になりたいと夢見ていた。

 

 

高校で本格的にバンドを始めた。

 

 

バンドが大好きになって

 

バンドのことしか考えられなくなって

 

 

わたしは死ぬまで音楽がやりたいと

心の底から思ってるし今も思ってる。

 

 

そんな風に今までずーーーーっと、

何らかの夢を見てきたから

 

「やりたいことがない」

 

「なりたいものがわからない」

 

 

という人の気持ちが

全くわからないのです。

 

 

10代の頃は 専業主婦になりたい、

安定した職に就きたいと言う友達を腹の底から見下したりしていた。

 

 

つまらん奴だなって本気で思ってた。

 

 

今では専業主婦や安定した職に就きたいと言う夢も

とても素敵なものだと思う。

 

そのために花嫁修行をする女性も

公務員試験に落ち続けてもめげない男性も

素敵だ。

 

 

しかし、自分のやりたいことがわからないという人、

将来の夢が特にないという人。

 

 

わたしは絶対にそのような人たちと

仲良くなれない。

 

 

向こうも私のように

「将来の夢は、ミュージシャン!

一生うれんくても、最後の一瞬まで音楽を愛して

音楽に生きれてよかった!

誰からも理解されなかったけど、自分の信じる音楽をやれた。

やっぱり音楽が好きだ!バンザーイ!」

 

と死んでも幸せだ、と思えるような馬鹿野郎と

仲良くなりたいとは思わないだろう。

 

全く問題ないです。

カエルと象みたいなものでしょうね。

 

ちなみに私は、一生暗室に閉じ込められても

ギター一本与えられればわくわく作曲できるような奴です、カエル以下です。

 

 

 

果たしてやりたいことがない人は

本当にやりたいことがないのでしょうか

 

 

なりたいものがわからない人は

本当になりたいものがないのでしょうか

 

 

自分がこれをやっていれば時間が経つのなんて

忘れちゃうぜ!と思うことなら

好きなことだと思うし

 

これで食っていければなあ、と思ったのが

夢がある側 の人間であるということだけで。

 

 

変に現実に蝕まれて死んでしまうのは仕方ないことなのかもしれませんね。

うちらとしても敵が死ねば死ぬほど正直ラッキーですからね。

 

戦う相手は少ない方が楽ですし、中途半端な奴が来たところで不戦勝まったなし。

さようなら雑魚ども。

 

 

あんなこといいな

できたらいいな

 

 

それをまじでやろうとするバカ。

星新一ショートショートのように、

踊ってる人間が殺されていくシステムなら

早期殺戮待った無し。

 

それでも「最後まで夢見れてよかった!」

って思っちゃうようなどうしようもないバカ。

こんなの宗教とかわんないし。

 

そろそろまじもんの宗教勧誘に騙されたりして。

 

いつのまにかカルト教徒になってたりして。

 

 

あなたの家に「あのー、今の悩みお聞かせ願えませんか?聖書から、役立つお言葉を…ああっ!パンフレットだけでも!」

と食い下がったりして。

 

まあならんけどな、

 

宗教に入るよりも作りたい側です。

イデア一つで億万長者!!!!

 

 

まあ正直他人に夢があろうとなかろうと

どうでもいいんですがね!!!!

 

 

という、無駄なブログでした。

‪もし小学生の頃に一瞬でも戻れたら、テストの回答でも競馬の結果でも震災のようすでもなんでもなく、それでもあなたは大丈夫、と一言だけかけて抱きしめてあげたい‬

 

 

私はマクドナルドが大好きだった

 

 

 

マックに行ける、っていうのは

多分みなさんが東京ディズニーランド

いけますよ、といわれるくらいの催しであり

 

当時の私にとってはマクドナルドさえも

身近なものではなかった。

車で時間もかかるしね。田舎だったし。

 

 

バレーボール漬けの小学生活を終え

バレーボールと反抗期の中学生活を終え

 

市街に近い高校に合格した私は

学校が終わって、街のマクドナルドに通い詰めた

 

マックはとても美味しかったし

私にとって特別な味だった。

 

でもなんとかバーガーとかなんとかマック

みたいな何かが付随したものは注文せず

 

いつも普通のハンバーガ

 

 

それしか食べたことがなかったし

それが私は大好きでした。

 

 

 

バンドとバイトに明け暮れた高校生活を終え

夢の東京。

 

最寄駅にはマクドナルド。

 

 

めちゃくちゃ食べた。

事あるごとに食べた。

 

 

学生とはいえ、夜間部だったので準社員

働いていたからお金はそれなりにあったので

好きな時にいつでもマックを食べれるようになった

 

 

 

マックが特別じゃなくなり、

 

今じゃもちろん友人に

 

 

「昨日マックを食べたよ!」と

意気揚々に語るなんて当たり前になくなってしまった。

 

 

大人になるってこんな事なのかな

 

 

子供の頃は好きな食べ物を聞かれたら

マックとねるねるねるね。と答えてた

 

 

 

こうやってつまんない人間になってしまう

経験は私を成長させたり、

私の大切なものを壊したりする。

 

毎日が楽しく、怖いこともおおい。

それが人生なんだと割り切ってしまえば

多分そこで私はぜんぶおわり!

 

 

‪もし小学生の頃に一瞬でも戻れたら、テストの回答でも競馬の結果でも震災のようすでもなんでもなく、それでもあなたは大丈夫、と一言だけかけて抱きしめてあげたい‬

2017年が終わります

 

2017年が終わってしまいますね。

22年いきてきて大晦日を実家ですごさない

というのは初めての経験というのもあり

全く実感がないまま一年が終わっていくように

感じます。

 

そもそも一年が終わる実感も

新しい度が始まる実感もありません。

 

まあべつに何も変わらないしね。

 

 

 

2017年を振り返るとまさに激動、

2017年1月1日、私は職が無いとかいて

まさに無職。

 

次の仕事も決まっていない。頭は金髪。

真っ赤なネイル。200本のマツエク。

 

 

 

そんなスタートだった2017年を、

最後の日、2017年12月31日に

 

 

「本当にいい一年だった。挑戦すべきことには

すべて挑戦できた。」

 

と振り返られるようになるとは…

 

 

1年って不思議です。

 

 

誰が頑張ったかって、わたしです。

死ぬほど偉い。

 

 

辛いことが山ほどありました。

苦しいことが数え切れないくらいありました。

 

 

生きててよかったって思うことがその

数倍ありました。

 

 

来年の目標は、

来年の今日に、

 

同じことを言あることです。

 

 

わたしはもっともっとがんばりたい。

いろんな出会いがありました。

大きな別れがありました。

 

すべてひっくるめて、これから先連れていったり

置き去りにしても焼きつくような思い出として

来年も生きていけますように。

 

 

2017年、本当にお世話になりました。

 

 

2018年の今日のわたし、

お疲れ様。

わたしは一生懸命やってみせます

曲作ったり

新曲を作ったり今までの曲の打ち込み改めたり

してます、

 

 

 

制作活動ってすごくすごく孤独

 

私の、バレー部時代からの癖なんですけど

辛くなったら周りの音を完全にシャットダウンしてしまうんですよね

 

それはとってもとってもとってもとっても楽で

とても寂しいことだと思います。

 

 

罵詈雑言を聞がなくて済むけど、

応援の言葉も聞こえない

 

それでも罵詈雑言が聞こえなければ

私は全然いいんです。

 

 

 

前、私が2個メを泳いだ生徒に

ずっと名前呼んでたよ、気づいた?って言ったら

 

 

「聞こえるわけないじゃん!

水の中なんだから!応援どころじゃないよ!

僕は一生懸命泳いでるんだから!」

 

 

って言われました。

 

 

なんかちょっと、今の私みたいだ

 

 

意図的にじゃなくて、

一生懸命になりすぎて周りが見えないくらい、

 

そんくらい一生懸命打ち込みたいなって思いました。

 

 

 

水泳ってすっごい孤独な競技だった。

 

 

ずっと私はチームプレイのことばっかりやってきて

お互いに怒り狂ったり励ましあって生きてきたけど

 

初めて 個人メドレーを泳いだとき

すごい孤独だなあって思ったなあ、

 

水の中で何も聞こえなくて

息継ぎした時にすごく大きい声が聞こえて

 

応援されてるのはわかったけど苦しくて

泳ぎきったあとも相当苦しかった、

 

一人で決められた距離を泳ぎ切るって

すごく辛かったな〜〜、

わたし本当に体力ないし。情け無い。

 

 

 

制作も孤独だなあ、

まあ死ぬまではやります

海外に逃げます企画:思い立ち編

 

おはようございます!!!!

先日は三軒茶屋でギグをやりました。

ありがとうございました!!!!

 

 

 

最近ツイッター(@mepr1995RIP)

でよく言っているように、

 

 

海外に行きます!!!!ひとりで!!!!

 

 

 

私は数年前、修学旅行のアメリカさえ

興味と金がなさすぎていかなくて、

 

家族にも「アメリカなんて、簡単に行けるもんじゃないんだから行っときなさいよ!!!!」

 

と言われたのですが

本当にまっっったく海外とかに興味がなくて

だから全く後悔も何もないのですが、

 

 

よくこの年だと大学生の女たちは

グアムだのハワイだのセブだか知らないけど

行ってますが、

そんなのもってのほかです。

全く興味なし!!!!

 

 

金持ちの友達が家族旅行とかで

海外に行ったりしてるのをみても

 

嫉妬とかでなく、

本当に一度たりとも、

 

いいなあ行きたいなあ

 

 

とも思ったことはなかったのですが、

 

 

 

この度始めてパスポートを作り、

しかもひとりで!!!!行ってきます。

 

 

 

バンドもあるしカートもいるし、

お店もあるので、一週間くらいだと思いますが

自分の中では大きな経験になると思います。

(カートは幸い、身近に信頼できる預けられる人がいるので預けられます。カートには本当に申し訳ない…無責任な親でごめん…)

 

 

しかし そんな海外に興味がない興味がない

行ってる自分でもやっぱり行って見たい国はありますね。

 

 

行って見たい国↓

 

 

•スペイン

小学生の頃に本で読んだ、バルセロナグエル公園サグラダファミリアへの強い憧れから死ぬまでに絶対に一度は肉眼でそれらを見てみたいと思っていたため

 

•トルコ

以前から父にトルコの素晴らしさをたくさん聞かされていたため。実家のリビングにはトルコの国旗もある。わしも数年住むことになったかもしれない国。何か縁を感じるand親日でそこそこ日本語話せる人もいるらしい。

 

•イギリス

ご飯が美味しくないらしいけど、ロックをやってる以上絶対行っておきたい。ライブハウスに行きたい。あとアビーロードで例の写真を撮りたい。しかし予算の関係で今回の一人旅では却下

 

•フランス

美術館が好きなのでやっぱり世界一のルーブル美術館に行きたい。でもよくよく考えたらこういうお洒落な街は、美術が好きな人と結婚をしてその人との新婚旅行で行きたい気がするので今回の一人旅では却下

 

•インド

実は一番行きたい国。何を読んでも何を見ても、「死にたくなったらインドに行って悟りを開け」って書いてあることからインドに抱く無限の可能性。激しい貧富の差、牛が普通に歩いている舗装されてない道路、悟りを開くために一日中家にぶら下がってる人がいたりなどとにかく価値観を変えられる国らしい。

ワクチン摂取などで時間がかかるand治安が良くなく、初の旅にしては危険が大きすぎると周りからの猛反対、またインドに行ったのに鬱が続いたら本気で生きる自信をなくすため今回は却下

 

 

 

以上です!!!!

 

 

多分スペインかトルコに行くことに

なると思います。

トルコかなあ。

 

父から情報を仕入れて下調べをして、

短い短い冒険をします。

 

当時父は、とっても安全な土地に住んでいた

ようですが、私は冒険したいので

少しだけ安全なところに泊まりたいです。

 

 

 

そもそも何で海外に行くことにしたのか?

というのは、

 

幸せなはずの毎日に何を感じることもできない

自分にイライラしたからです…考えが若い!

 

 

好きなバンドのライブに行き、

大好きなバンドをやり、

大好きな歌やダンス、接客を仕事にできて

親切で大好きなお客様、こんな私と一緒に

いるのが楽しいと行ってくれる友達、

なかなか会えず遠くにいるけど大切な家族、

好きなものを買えるようになった生活、

目に入れても痛くない大好きなカート、

 

 

とてもとても幸せなはずなのに、

ふとした時にとても虚しくなって、

無気力で動けなくなって、

このままじゃまた引きこもってしまうなー

またあんな生活になってしまうのは怖いな、

 

と思ったからです。

 

 

あと私はまだ22歳で、

こうやって、怖いもの無しで、

冒険してみよう!

っていう気持ちがあるうちにやっておきたいのと

 

音楽という表現活動をしているから

感性を磨きたいなあと思ったのと

 

純粋に見たことないものがみてみたいです。

 

 

ドロドロした自分から逃げるための悲しい旅行

でもあり、もしかしたら何か変わるかも、って

いう少しだけ楽しい旅行だとおもいます。

 

 

 

現地でのミッション↓

 

 

現地の友達をつくる

何かに感動して泣く

日本人に助けを求めない

曲を一曲つくる

現地の料理をたくさん食べる

 

 

まずはパスポートを取らなくてはいけないので、

カラコンとつけまを外して証明写真を取らなくてはいけません。

 

 

ギロッポンのルーギャーのチャンネーのわたしには

言葉も通じない得体のしれない国に行くより

カラコンを外しナチュラルメイクで

証明写真を取りに行く勇気の方がありません。

 

頑張ります。

 

22歳の夏休み

 

18歳の頃、神聖かまってちゃん

「22歳の夏休み」を聴きながら、

 

いいなあ22で夏休みとかいいな、

22なんかみんな働いてるやん

 

とか思ってました。

(何度も書くけど私は大学に行きたいと思ったことが一度たりともなかったから

22歳→大学生→夏休みがあるっていう思考にすらならなかったです)

 

 

22歳の夏休みどころか今は

会社員でももちろん大学生でもないため

毎日自由に過ごせる、

一生夏休みみたいなもんです。

学生やサラリーマンのみなさんすいません。

羨ましいなら辞めてしまいな!!!!!!!!

 

 

 

2017年、22歳の夏の振り返りをします〜〜。

 

 

 

7/7、まやかりんから教えてもらった

アルキツカレテというバンドのライブに

なんとなく行ってみる。とてもハマる。

 

 

7/8、ずっと好きだったクリトリックリスのライブに久々に行く。

BUS BUS BUSにとにかく感動する。

 

7/15 三軒茶屋ヘブンスドアにてソロライブをする。ソロは2年ぶりで緊張しました。

 

ごん(近所に住む友達)と夏らしいことをしようと連日公園や近所の居酒屋で朝までお酒を飲む。

夜勤明けの人たちがフラフラと歩く中、

池袋西口公園でアイス食べる。青春。

 

7/19 代々木バーバラにて毎日サプリメントのライブ

出番ギリギリまで居酒屋で飲み放題し、

顔合わせに出られず。

酔っ払ったままステージに立ちシールドがギターから抜け、

「これもう演奏すんなってことやろ!」

と言いながら30分のライブ中にスミノフを3本飲む。

しかし上には上がおり、相方が

ライブハウスで一番酒を飲んだという理由で

ライブ後、ライブハウスから賞状を貰う。

 

念願のフェレット、カートを迎える。

これからよろしくね。

 

7/31、西武遊園地に相方とナイトプールに行く。

ハイネケンテキーラサンライズを煽りまくった後の

ウォータースライダーが楽しすぎるあまり、

笑いが止まらない。そのまま出勤。

 

8/9、三軒茶屋ヘブンスドアにて毎日サプリメントのライブをする。

 

8/15 くだくらで由比ヶ浜に行くはずだったのに熱が出て行けず。無念。

 

8/19.8/20 サマーソニックの手伝いをする。

仕事を放棄して女王蜂、大森靖子エレカシ

クリープハイプPhoenix、そして伝説の

フーファイターズのライブを鑑賞。

 

8/27 アルキツカレテ、ピンクシガレットの

共同企画、「ヤリサー」に行く。最高だった。

 

8/29 三軒茶屋ヘブンスドアにて毎日サプリメントでライブをする。

 

 

 

夏といっても7.8月だけですが

たくさんの思い出がありました!!

 

2017年の夏は、たくさんいろんなことがあって

そのどれも美しく楽しかったです。

来年はもっといい夏にします。

 

たくさん新しい音楽にも触れました。

 

 

一番聴いたバンドは、

間違いなく「水中、それは苦しい

だったと思います。

 

 

季節はぐるぐるぐるぐる回って

もう秋通り越して冬も来ますね。

 

 

この記事読んだらわかると思いますが

私は人類で一番夏を愛する女なので

冬は埋めたいくらい大嫌いなのですが、

心を無にしてがんばります!

 

 

ありがとう!

2017年夏!

 

 

また来年な!